まずは業者に連絡|雨漏りに気付いたらすぐに雨漏り修理をしよう|大切な家を守るために

雨漏りに気付いたらすぐに雨漏り修理をしよう|大切な家を守るために

住宅

まずは業者に連絡

家

雨が降る日に、ふと気が付くと家の中に雨水が漏れてたという経験をされたことのある方がいます。雨漏りがするようになってしまうと、家の中で水に濡れてしまう箇所ができ、水に濡れた箇所が痛んでしまう可能性もあります。特に突風がひどい日や台風のあとに屋根に隙間ができてしまったり、年数が建ったために屋根に隙間ができたことが原因で雨漏りが発生してしまう場合が多くあります。また、雨漏りというと家の中にポタポタと水が滴り落ちることを想像しますが、実際に水が滴っていない場合でも雨漏りをしている場合があるのです。まず、雨が降ったあとにカビのような臭いがする場合です。さらに、雨が強く降っている日に天井から水が落ちる音がする場合や、天井、もしくは壁にシミがある場合も雨漏りが発生している可能性が高いです。屋根と天井の間で留まっている雨漏りは、このような現象が起きますが、実際に水が落ちてくるわけではないので放置してしまいがちです。しかし、このような現象を放置しておくと雨による痛みが進行して、やがては水が滴り落ちてくるようになってしまいます。このように雨漏りがしている気配があったら、まずは業者へ相談してみましょう。先に見積もりをしてもらえるところがほとんどなので、最初に見積もりをお願いするとよいです。雨漏りの修理は、範囲が広かったり、痛みの度合いによっては屋根全体の修理になりますが、部分的に直せば問題ない場合もあります。業者の中には、屋根全体の修理見積もりだけでなく、部分修理の場合の見積もりを出してくれるところもあるので確認してみることをおすすめします。